「ご無沙汰してます」って言いたくない/それと『お帰り 寅さん』について

インターネット

おつかれさまです。そういえばこのブログ、全然更新してませんでした。去年書いた新年の挨拶もない。何か、企画性を持たせようとするとすごく時間かかっちゃうんですよね。もっと気軽に書きたい。そこで、トピック別に最近思ったことを書いていこうと思います。

「ご無沙汰してます」って言いたくない

先日、数年前までよく仕事していた方にお会いしたんです。

で、会うのは数カ月ぶりとか数年ぶりとかだから、「お久しぶりです」「ご無沙汰してます」とか言うべきかなと思ったんだけど、FacebookとかTwitterとか、SNSでその人が何をしているかは見てるし、何か紋切り型の表現も嫌いなので、ふつうに「お疲れ様です」って感じの挨拶をしたんですね。

僕は、セルフイメージではめちゃくちゃ友達多いと思ってるんです。こういうのって、セルフイメージが幸せだったらなんでもいいと思うんですね。個人の主観でも「友達少ない」って思ってるよりは「友達多い」って思えてるほうが幸せだと思うし、実際僕は、自分の友だちの多さには揺るぎない満足感があるのです。

でも、一般的な「友達多い人」の状態とはズレているかもしれない。というのも、定期的に会う友達が多いってわけじゃないんです。『東京タラレバ娘』の第◯出動みたいな、ああいうのがほぼない。

なんかこう、数ヶ月とか数年に一回会う友達が何人も、そして複数グループあって、それが毎月何回か、ちょこちょこ入ってくるって感じ。

それは地元の友達もいるけど、でもわりと多いのは、六年一貫の中高の友達、大学のゼミとか授業とか野球部で知り合った友達、よくわかんないネット経由の友達とか、仕事関係の人とか、草野球とか、いろんなパターンがあります。オフ会とかもありますし。

で、なんとなくなんですが、僕の友達関係はほとんど地理に紐付いていない。地域とか学校のクラスとかではなく、地域も年齢も属性もバラバラで、でもその人達とは基本、SNSでつながっているので、別に「ご無沙汰」はしてない。リアルで顔を合わせて会ってないだけで、近況を知っている。そして僕の親しい人たちはSNSでけっこう自由に発信しているので、虚飾のない近況も知ることができていると思うわけです。

だからなのか、「ご無沙汰してます」「お久しぶりです」という言葉を使うことに抵抗がある。何年ぶりであっても、昨日会ったかのようにその人と接したいんです。

というか僕は、誰かに会う前に、その人のSNSのログを辿るってことをわりとやります。そのほうが会ったときに、会話が盛り上がるし、「この人は私に関心持ってくれてるんだな」って思ってもらえる。

前にこのブログのなかで「SNSで疲れないために」というのを書いたんですが、大量にあふれるタイムラインにどう向き合うかって現代人にはけっこう切実な問題だと思うんです。

で、最近思ったこととして僕は、「その人にリアルで会う前にちょこっと/ざっと見ておく」ぐらいのスタンスが、実はSNSとの距離のとり方として、わりとベストプラクティスなんじゃないかって思ったんですね。さて、どうですかね、これ。

元旦に『お帰り 寅さん』を観ました

元旦は両親、姉&姪とともに八ヶ岳にいました。

元旦ってファーストデー、映画の日なんですよね。映画料金が安い。なのでここ数年、元旦は映画をみるようにしているんですが、これがけっこう楽しいのです。

去年はさぼっちゃいましたが一昨年は、綿矢りさ原作、松岡茉優主演の『勝手にふるえてろ』を観ました。毎年、「元旦に観た映画はこれだった」というのを蓄積していけるのって素敵なことなんじゃないかと思うのです。

それと、お正月の映画館の雰囲気。なんか、あったかくて、ほんわかしているんですよね。

八ヶ岳から近くの映画館はということで、諏訪湖の北にある「岡谷スカラ座」というとこに、父、姉、姪と僕の4人で行きました。なかなかレトロ感があって楽しい。あ、「元旦って映画館やってないんじゃ?」と思うかもしれませんが、ファーストデーなのでだいたいやってます。

それで『お帰り 寅さん』。

これがですね、けっこう面白かった!

というか普通に傑作では!? と思いました。

僕は寅さんって、家族が観てたのでパラ見ぐらいで、あんまりちゃんとしたファンじゃないし、一本見きったこともなかったのですが、とても楽しめました。ただのノスタルジーじゃない、でもちょっとノスタルジックな、楽しい作品です。

寅さんって、よくわかってないですけど、たぶん家族のことを描いてるんでしょうね。いまどきあんな大家族もないし、地域のつながりもない。ほとんどの日本人が持っていないものですよね。

象徴的だと思ったのが、寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)に中学生の娘がいるんですが、劇中で友達が家に来て、柴又観光に行くんです。それと同じで寅さんの家族って、天然記念物っていうか、動物園に展示されるような珍しい家族なんだと思うんです。

僕はいま33歳ですが、大学生の頃だったらこういう作品に「ケッ」って言ってたような気がします。古き良きムラ社会、大家族、ご近所付き合い。こういうものをやたら否定したがっていたと思うので。

でも『お帰り 寅さん』には、すごくたくさんの豊かな可能性が描かれているように思えた。「フーテン」なんて職業もいまはないし、寅さんみたいにそんなしょっちゅう旅をするような仕事もない。それで、寅さんみたいに「空気を読めない」異邦人はどこにいってもつまはじきにされそうです。でも、寅さんはいつも生き生きしていた。

劇中で、たぶん寅さんは死んじゃってるんですけど、みんながそういう寅さんみたいな存在を懐かしがっていて、寅さんがいないにもかかわらず、登場人物のなかに「寅さん」という存在が確かに生きているんですね。

家族って、大変だと思うんです。実はうちも、いまどき珍しい大家族だと思うんです。劇中ではみんなしょっちゅう細かいことでケンカしてますが、うちの大家族も同じです。つまんないことでしょっちゅうケンカしてます。でもまあ、冷静に考えてみると、なんかそういう大家族って羨ましがられるようなもの、なのかもしれないですよね。

だから要は、「家族っていいな」って思っちゃいまいました。帰る場所があるって、すごく豊かなことだと思うんですね。

僕は、今は親や家族に恵んでもらってますけど、けっきょくこういうのは自分でも作らないとあかんよな〜ということもちょっと思いました。それが結婚とか子供とか、そういう血縁に頼ったものじゃなくてもいいのかもしれないけど、「帰る場所」を少しは自分の手でつくることも必要なのかな、と。

どうやったらできるんでしょうね。何もしなくてもいいような気もするし、自分は今後も何もしないような気もするんですが、元旦からそんなことを考えてしまいました。

(おわり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました