WordPressにペイウォールを設置できる「codoc」を導入してみた

技術ブログ

いまやたらこのブログの投稿数を増やしているんですが、そのなかでやりたかったのがペイウォールの導入。そう、ブロマガやnoteのように、記事の途中で有料にする機能のことです。

「えっ、今まで全部無料で読めたのに有料にするの?」

いや、そういうわけじゃないですが・・・そもそもこのサイトはWordPressというオープンプラットフォームを使って作っています。WordPressでは、noteみたいなペイウォールを作るには英語圏のサービスしかなかったんですが、最近、日本語UIでペイウォールを設置できる「codoc」というサービスができたんですね。今回はそのcodocを試験的に入れてみました。

「無料公開だけ」だと、逆に自由に書けない問題

なぜペイウォールが欲しいと思ったかというと、ブログでやりたいことってたくさんあるんですが、すべてを無料公開する前提だと、書けないことがけっこう出てきてしまうのです。

本来、雑誌も新聞も、メディアというのは広告だけじゃなく「購読料」でも成り立っているものなんですね。今、みんなが当たり前に思っている、インターネットで何でもかんでも無料で読めちゃう状態のほうがむしろちょっと変(?)なのかもしれません。

まあ「コンテンツはタダじゃない」ってのは本当にそのとおりなんですが、僕が考えていたのはむしろ、「雑誌の袋とじ」みたいなものをつくりたい、ということでした。袋とじに対して課金してくれる人って、冷やかしや炎上させる目的の人はかなり少なくなるので、信頼が置けると思うんですね。

ただし、このブログでは基本的に今までどおり、ほとんどの記事、ほとんどの部分は無料公開します。なにせ僕も「無料で読める」というのは好きなので……。

でもオールタイムで無料公開を前提にしちゃうと、書き方をかなり工夫しないといけなかったり、本音が書けないということがあります。そこで、「自由に書くために」「自由に書けるから更新頻度が増やせる」とかそういうことがあって、ペイウォールを導入したいなと思ったのでした。

というわけでcodocを導入してみます

まずはcodocのLPに行きます。   codoc | あなたのコンテンツをあなたのサイトで販売・課金できる コードク

ここからSNSアカウントで認証を行い、メール認証を済ませます。

そうすると、 codocのダッシュボードにログインできるように。

そのあとはひとまず、右上のメニューから銀行口座の情報を入力しておきました。これ、何回かエラー出るんですが、右上メニューから入り直したら登録できました。謎。身分証明書と住所、電話番号の登録などもあるので、ひととおり必要と思われるものはやっておきました。

WordPressにペイウォールを導入してみる

WordPressには、とりあえずプラグインをインストールしちゃいます。 codoc公式サイトにあるWordPress導入に関するページの手順どおりにやりました。

これでエディターに、codocボタンが実装されたので実際にやってみることとします。 何を書こうかな〜というと、いわゆるプラットフォームビジネスについて思うことを書いてみますね。値段は下限の100円です。

自分がプラットフォームビジネスをあんまり好きじゃない理由

現代はとにかくプラットフォームを作った企業がいちばんお金を稼げます。

GoogleもAppleもAmazonもそうだし、日本で、たとえばコンテンツプラットフォームでいえばnoteがあります。前提として、note、というか運営元のピースオブケイクさんは公私ともにお世話になっております。ピースオブケイクの人たちは好きだし、頑張ってほしいし、意義のある仕事をされていると思うんです。

ただ……プラットフォームビジネスって、ちょっとおいしすぎないか……?と思うところもあるのです。 たとえばヤフーニュースってものすごいトラフィックを得てるわけですけど、大半はヤフーが作ったニュースではなくて、新聞社・通信社・出版社・Webメディアが作ったものなわけです。

なのに、コンテンツを作った側への実入りが少なすぎると感じたりします。 ここ10年ほどでよく言われていたのは、「アメリカ・カリフォルニアのゴールドラッシュで一番稼いだのはどんな人か?」という謎掛けです。

そう、これは「金を掘り当てた人」ではなくて、「金を掘るためのツルハシを売った人」だと言われているんですね。正直この話は本当なのかはよくわかりませんが、なんとなく「そうなのかな」と思わせられる信憑性はあります。

だから金を掘るんじゃなくて「ツルハシを売れ」と。これが今のプラットフォームビジネスの基本なわけですね。 でも……プラットフォームを作る人ばっかりが得して、コンテンツを作る人には結局損になっちゃう世界ってなんかアンフェアに思うんです。で、この感覚は、僕のような人間だけではなく、徐々に広まっていくと思うんですね。

あと、プラットフォームの問題はもうひとつあります。それは、ある一定の方向にコンテンツが誘導されがちなこと。たとえばnoteって、「noteっぽい」記事しかバズらない感じがありますよね。それと記事が書けない人向けに、投稿画面に「こんなこと書いてみたら?」という誘導文もあったりします。

その誘導文を見た瞬間に、なにか一定の方向に、書き手の思考が誘導されていく。これはnoteが悪いというよりも、プラットフォームってそういうものだと思うんですね。Facebookも、Instagramもそう。

でも……もともとインターネットってもっと自由にいろんなゴチャゴチャしたものがあったはずで、それがプラットフォーム一人勝ちの状況(Winner Takes Allってやつですね)になると、ある一定の方向に収斂してしまう。 僕はそれが嫌なので、noteはやりません。noteが嫌いなわけじゃないけど、ネットのオープンソースの思想が生きてる、オープンプラットフォームのWordPressのほうでやります。

まあこのペイウォールサービスのcodocだって、手数料15%取るので、プラットフォームビジネスなんじゃないかって言われたらそうだと思うんですが、でもWordPressに入れられる時点でnoteよりは若干自由度が高い。だから僕は、今のところではありかなと思いました。

そういえばドワンゴのブロマガも、手数料は最初は30%だったけど20%に下がった記憶がありますし……今のnoteにしてもだいたい、15〜最大で20%強の手数料がかかります。

codocの場合は利用料自体は無料で、決済手数料15%+振込手数料300円(一回の振込あたり)なので、わりといい感じの価格設定なのかなと感じました。

まとめると

ブログで記事を書いたり、もしくは他の手段にしてもそうなのですが、ペイウォールという選択肢があると、できることの幅が広がるように思いました。

ちなみにアイキャッチが「民衆を導く自由の女神」なのは、実際にcodocのLPでもこの絵画が使われていたからです。まあ、良いチョイスだと思います。(古典絵画の著作権についてはこちら→昔の絵は自由に使っていいの? | WEBに関わる法律講座

ブログというのは正直自分が楽しくてやる、趣味でやることだと思うのですが、無料しか選択肢がないと「これ言ったら燃えそう……」みたいに思って自由に書けなくなったりします。そもそも炎上がすべて悪いことだとも思いません。「誰も言わないけど本当のことで、言ったらどっかの人が怒ること」なんて無数にあります。その怒る人の側、炎上させる側の人に別に正当性がないことだってめちゃくちゃ多いのです。

かといって自由な言論が行えないのも違いますし……そんななかで「表現の自由」を確保しておくためにはペイウォールって必要な仕組みなんじゃないか、そんなことを思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました