長嶋茂雄・王貞治に学ぶ野球バッティングの基本と考え方

Do Sports

今回は野球におけるバッティングの基本について書いてみようと思います。野球の魅力は何と言ってもバッティングです。

自分の簡単なバッティング来歴

僕は今でだいたい野球を始めて20年になります。そこを書くと長くなるんですが、「偉そうに言ってるけどお前どんぐらいできんねん」となるだろうから簡単に書いておきますと……中学に入学してから部活で軟式野球を始め、中2秋〜中3夏はレギュラーで5、6番。高校で硬式野球に上がって、高2秋からレギュラーで最初は4番を任されるも、「長打を打たねば」という思い込みから感覚が狂ってとんと打てなくなり、最後の高3夏の大会は控え。大学でも野球部に入るが、4年秋まで試合で打席に立つ機会はほとんどなく、代走や守備で出る程度で終わる……という感じでした。

20代になって考え方を変えたときのこと

個人的に転機になったのは大学4年最後の秋のシーズンでした。このときには、もう自分は公式戦で打席に立つことはないだろうなという(ちょっと悲しい)確信がありました。どうせ試合では打つチャンスは貰えない、でもそのまま終わるのは悔しい。別に試合で結果を残せなくてもいいから、バッティングに関して「何か」を掴んで大学野球を終えたい、と思ったのです。

そこで、それまでの自分の思い込みややり方をすべて捨て、同学年でクリーンナップを打っていた2人の選手の打撃をよく観察し、学ぶことにしてみました。「この2人はセンスがあるからできるんだろう」という、自分の不必要なプライドの高さからくる卑屈な視点を捨て、真面目に話を聞き、ただ闇雲にやるのではなく、どうすれば良くなるかをしっかり考えて練習しました。

特にそのうちの1人で、自分と同じ右投げ左打ちで強打者として1年からレギュラーで試合に出ていたN君に教えてもらって、一緒に練習していきました。N君がマシンで打っているときには「生きた手本」をよく見て、彼がインターバルを取っているときに自分が打つ、という具合にです。「どうせ試合で打席に立つことはないだろう」と、誰からも思われている自分が、主力のN君と一緒に必死にバッティング練習をしているのは、はたから見たら奇妙な光景だったのではないかと思います。ですが、そのときに知って考えて練習して、掴んだものが確かにありました。結局、大学の公式戦ではついに披露する機会がありませんでしたが。

20代の終わり、草野球チームに誘われて入って、今も続けています。草野球といってもけっこうレベルに幅があり、まさに「草野球」というようなチームと対戦することもあれば、GBNという比較的レベルの高いリーグにも出ていて、そこは中学の平均的な部活以上〜強いと技量的には高校野球の神奈川大会2〜3回戦ぐらいの世界ではあると思います。

ちなみに神奈川を例に出したのは自分の出身県だからですが、全国屈指の激戦区であり、週6〜7で練習しているのが普通である高校野球神奈川大会で2回戦以上を勝てるチームは、まあまあレベルが高いです。

そんな感じで野球を再開したのですが、バッティングに関しては大学の最後で掴んだものがあったのでコンスタントに打てるようになりました。

シーズンや自分の練習量によってムラがあるのですが、この機会にこれまで5年間の通算打率を見てみたところ、.370で、チーム歴代1位でした。

しかも、学生野球のときには打てるようになるとは想像もしていなかった「柵越えのホームラン」も打てるようになったのです。「学生のときと比べると、多少はできるようになってきたかな?」という感覚はあります。

ただ、僕はいわゆるバッティングセンスのある方ではありません。昔から運動神経はないほうでしたし、体格に恵まれていたわけでもありません。

そんな感じで「センスのない」人間として、だけど今はそこそこバッティングに自信が出てきた人間として、バッティングのコツや、自分がチェックポイントとして持っているものを書いてみようと思います。

バッティングの目的とは何か?

バッティングの目的は、ヒットを打つということです。ヒットを打てたら楽しい。当たり前のようですがまず、ここを抑えておく必要があります。

では、どうやってヒットを打つのか? というと、大きく2つの方法があります。

  1. 遠くに飛ばす
  2. 人のいないところに打つ

(1)「遠くに飛ばす」は当たり前かもません。遠くに飛ばすことができれば、そもそも(2)の「人のいないところに打つ」もクリアできます。しかし、遠くに飛ばすにはパワーとコツが必要です。

一方、(2)「人のいないところに打つ」は、「遠くに飛ばす」よりも、かなりハードルが低いです。

内野ならピッチャーの後ろは大きく空いています。このエリアは通常、セカンドとショートのあいだなので「二遊間」と呼ばれています。ほかにも人のいないところはあり、「一二塁間に転がす」「三遊間に転がす」「ファーストの後ろに落とす」「サードの後ろに落とす」など、それほど「遠くに飛ば」さずとも、ヒットになるゾーンはいくつか存在しています。

とはいえ、狙ったエリアに打球を打つことができても、打球のスピードがあまりにも遅すぎると野手に簡単に捕られてしまうので、打球にはある程度のスピードも必要です。しかし「遠くに飛ばす」ときに必要になるようなすごいスピードは必要ありません。「人のいないところ」に、ある程度のスピードで打球を飛ばせるだけでいい。そのためには、小学校高学年ぐらいの力(男女問わず)があれば十分です。

基本はピッチャー返し(センター返し)

「どこに打てばヒットになるか」でいうと、一番確率の高い、かつ基本となるのは、「ピッチャーの後ろ=つまり二遊間に打つ」ということになります。ただ、あまりにも弱い打球だとピッチャーに捕られてしまうので、ピッチャーに捕られないぐらいのスピードの打球であることは必要です。そうなると、ライナー性で低く速い打球をピッチャーに打ち返す。これがバッティングの基本である、ということになります。

野球指導の現場で「センター返しを意識して打て」とよく言われるのは、要はこういうことなのです。ただ、「センター返し」という言葉遣いだと、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。なにせ、センターの守備位置は打席から最低でも50mぐらいはあるので、それはけっこう遠く感じるように思います。だから「センター返し」よりは「ピッチャー返し」、「ピッチャー返しで、ピッチャーに捕られないぐらいのスピードの打球を打つ」、ぐらいに思うのがよいと思います。

長嶋茂雄・王貞治のバッティングに関する対談から学ぶ

では、ピッチャーに捕られないぐらいの打球をピッチャー返しするにはどうすればいいかというと、何よりも「タイミング」が重要です。

ここで、日本野球のレジェンドである長嶋茂雄、王貞治がバッティングに関して対談している動画を紹介したいと思います(時間のある人は全編見てみてほしいです)。昔のテレビ番組をアップロードしたもので、この動画がYouTubeにアップされていること自体がリーガルではありませんが、めちゃくちゃ貴重な話であり、後世に残す価値のあるものだと思うので、少し書き起こして、解説を加えてみたいと思います。なお、文中の太字は引用者=僕の判断です。

超必見!!若かりし長島茂雄と王貞治の世紀の対談!!

「タイミングが一番重要」ということの本当の意味

長嶋さん、王さんがしきりに言っているのが「タイミング」の重要性です。では「タイミング」とは何なのか、を見ていきましょう。長嶋さんは動画のなかで以下のように語っています。

長嶋:フォームってよく言いますね。言い換えればカタチですね。そのカタチに囚われる傾向に、ややもすると、今の選手はあるかもわかりません。ですからワンちゃん(引用者註:王貞治のこと)のように、または僕のように……僕の場合はどちらかというと、カタチのないタイプね。フォーム的には決していいフォームじゃありませんね。(中略)ワンちゃんでも、カタチそのものは決していいとは言えないでしょう。

元来、バッティングというのは、カタチやフォームで打てるというものじゃないという、それはまず、ひとつの大きなものじゃないでしょうか。あまりにも自分のこう、アドレス、スタンス、手の位置がどう、顔の位置がどう、そしてインパクトがどう、最後のインパクトのフィニッシュがどうという、フォームの形式のみに囚われすぎて……。

ですからね、僕はタイミングと思うんですよ。(ワンちゃんは)始動って言いましたけど、僕はハンドリングだと思うんですね。ハンドリングってのは手の部分ですね。(後ろの腕の)肩、肘、リストですね。この3つの部分的肉体をうまく使う。その使いこなしをできるのが、これがもうすべてタイミングということですね。それに腰、膝、足……下半身をヘルプというか、助けを求めることによって総合バランスをつける。

長嶋さんは、フォームよりもまずタイミングが重要である、ということをしきりに言っています。

長嶋さんといえば、独特の感覚的な言語センスで笑いのネタにされがちです。一般の人々(と、あえて言います)は、長嶋さんのファニーな言葉遣い――「力のパワーが」とか、「オールスターゲームは夢のドリームですから」「失敗は成功のマザー」とか、そういうやつです――、その表層にばかり目が行って、彼の言葉のなかにある本質的な部分を真面目に、真剣に解釈しようとしません。

僕は長嶋さんは、言葉の選びは変だけどそこに目を取られずにちゃんと真面目に聞くと重要かつ本質的なことを言う、すごい人だと思っているので、戦後日本社会が長嶋茂雄のことを「変なことを言う面白いおじさん」というふうに位置付けてしまったのは、大変もったいないことだと思っています。

話を戻します。

フォームを気にする前にまず「タイミング」

バッティングは、フォームよりもまず、ピッチャーの球にどうタイミングよくバットをぶつけるか、なのです。自分が一番、ボールに力がぶつけられるポイントを知っておき、試合では、そのタイミングでバットをボールにぶつける。これがまず重要です。「タイミング」を合わせて打つことができれば、自然と腕や肩、下半身が協調して、ボールに力を伝えられる。だから、「タイミングが合う」ということができれば、フォーム=カタチの上でもバランスがよくなる、そういう順序で考えたほうがいいということです。

ちなみに最初のほうで僕は「高校・大学にかけてバッティングがわからなくなった」と書きましたが、このときはフォームをかなり細かく気にしていました。だからこそ、バッティングがわからなくなってしまったのだと、今ならわかります。

今もときおりフォームを気にし始めてしまうことがあります。でも、そうではなく、「いや、フォーム以前に、まずタイミングだ」ということを、この記事を書きながら、いま改めて思い直しています。

「じゃあタイミングはどうやって取ればいいのか」と思われるかもしれませんが、それは正直、一人ひとりのカラダの構造や身体感覚もあるので一概にこれと言えるものはありません。あくまで僕の場合は、ですが、タイミングよくボールにバットをぶつけるためには、「インパクトの瞬間だけ力を入れる」のがよいと思っています。

自分がやっていることを改めて言語化してみるとこうなります。

打席に入ったときはリラックスするためにバットを肩に乗せておき腕の力を抜いて、あとは下半身を中心に身体全体の力を抜くために、体を少し上下にゆする。

ピッチャーがモーションに入る前後(これはワインドアップかセットポジションかによって多少変わるが、自分の気持ちのいい感覚で)に、立ち遅れないぐらいの余裕を持ってバットを起こし、来た球にタイミングを合わせて、バットを出す。バットをボールにぶつける瞬間、インパクトの瞬間だけに力を入れて(力を入れる瞬間をインパクトのときだけに集中させて)、グッとボールを潰すような感覚で打つ。

バッティングセンターで打ったり、ティーバッティングの練習をする際は、フォームを気にするより前に大事にすべきなのが「タイミング」です。基本的には脱力しておき、インパクトの瞬間に一番力が伝わるようなタイミングがどこかをチェックし、身体感覚を掴むようにします。フォームではなく、自分の身体感覚のほうをまずは大事にするわけです。そうやってタイミングが合えば、自然とフォームは良くなっていく、というふうに考えます。

基本となるヒッティングポイントはどこか? 前で打つか、引きつけて打つか? 何を目標に打つか?

動画では、打つポイント(ヒッティングポイント)と、どこに打球を打ち返すべきかの目標(マト)についても語られています。

長嶋:人によってヒットゾーン(※1)は違うでしょう? ワンちゃんの場合はどっちかっていうと……。

王:前です。僕は前だったですね。

長嶋:僕の場合はどっちかっていうと後ろ。

王:引きつけてましたね。

長嶋:それだけのヒットゾーンのエリアが違うわけでしょう? それが前か後ろかっていうと、これは良し悪しじゃなくて、これはどうでしょう、確率的に、結果から言ったら……。

王:それは、やっぱり引きつけたほうが確率は高いですね。僕みたいに前で打つのは、狂う率も高いですよね。でもそれだけ爆発力が出るっていうことですよね。ですからアベレージというか……僕は自分の打ち方を決して人に薦めないですよ。僕だけの打ち方だと思ってますから。

長嶋:うーん、そうでしょうね。

王:今の若い選手たち、これからやっていく青少年たちに言うのであれば、「いかに引きつけて打つか」「限界ぎりぎりまで引きつけて打て」ということは言いますね。僕は自分のやったことはこれはこれと、別に置いたんですよ。自分のやったこととは別に、やっぱりバッティングっていうのは(フィールドを)90度使わなきゃいかんです。僕は半分しか使えませんでしたから(※2)。右ピッチャーも左ピッチャーも打たなきゃいけないですし、基本的には「ピッチャーの顔へ向かって打つ」ということを常に言います。ですから僕は自分のやってきたことを全然、選手に言わないです。

長嶋:んっふっふ、なるほど(笑)。

王:僕はピッチャーの顔にぶつけて打とうなんて思ったことないですから。とにかくピッチャーへ返す、ピッチャーへ返す。それもライナーで返す。僕はもうフライで打ってたんですからね。

ですからバッティングの基本はあくまでそれ(ピッチャー返し)だと思うんですね。ですから長嶋さんのバッティングのほうが基本通りなんですよ。ライトへも行く、レフトへも行く。で、ラインドライブ(※3)ですね。

ですからバッティングを人に教える場合は僕は自分のカタチじゃなくて、長嶋さんとか張本(勲)とかね、90度使える、で、やっぱりライナーを打つという、そういったものを考えて、若い選手にも言ってますね。

※1 ここで言うヒットゾーンとは、バッターボックスのなかでボールをどこで捉えるかのポイント(ヒッティングポイント)のことであると推測される。「広角に打つ」とか、そういった意味ではないことに注意が必要である。

2 王貞治は左打ちのホームランバッターとして知られるが、ここでは要は「センターからライトの、フィールドの右側半分にばかり打球を打っていた」、つまり、いわゆるスプレーヒッター(レフト線からライト線まで広角に打つ打者)ではなくプルヒッター(引っ張り専門の打者)だった、ということを言っていると思われる。これは後年、王の打席のときに相手の野手全体が大きく右に寄る「王シフト」が敷かれたことからも例証される。

※3 日本語の「ラインドライブ」というと、ややドライブ回転のかかった打球をイメージしがちだが、そもそも英語のline driveは「まっすぐのライナー性の打球」という意味で、「ドライブ回転のかかった」というニュアンスはない。ここで王さんや長嶋さんが言っている「ラインドライブ」は英語の方の用法で、要は日本語で言う「ライナー」の意味であると考えられる。

ここでも驚くべきことに、王さん自身が「自分の打ち方よりも長嶋さんの打ち方のほうが基本に忠実である」ということを言っています。これは長嶋さんのほうが年長だから長嶋さんを立てて言っているわけではないと思います。王さん自身は、「限界ぎりぎりまで引きつけて、ピッチャー返しでライナーを打つ」ということが重要だと言っているのです。

長嶋と王は、バッターとしてどう違うのか

長嶋さんは、自身と王さんのバッティングスタイルの違いにも言及しています。

長嶋:人の顔にも人相があるように、我々が打つ球にも球相ってものがあるんですね。ワンちゃんの全盛期の、一番良かった頃の打球を見ていると、45度、46度ぐらいあるかな。我々みたいに球をパァーン!とね……僕の場合はね、球を打つんじゃなくて、球のなかに芯がありますでしょ?

王:はいはい、ありますね。

長嶋:あの芯をヒットするつもりで、自分は打ってたわけ。実際に見えてる現象じゃなく、見えない芯を、球を撃ち抜くんだ、という気持ちで僕は打席に入って打ってたわけ。ワンちゃんの場合は球に乗せていく。

王:はいはい、乗せていく。

長嶋:あのバットの乗せが、日本人としては真似できないですよ(※4)。そしてバットから弾き出される、外野のスタンドに吸い込まれる球のラインと言うかな。空を見ればレインボーがきれいな虹を描きますでしょ。あの虹を見るように、素晴らしいひとつのね、芸術的な球の運びがあるんですね。あの球の運びが僕はね、最高だと思うよ。

僕の場合は、ああいう球の運びはできない。どちらかって言うとラインドライブだよね。ライナーが多いわけ。だから何度かああいう球を打ちたいんだと、何度か幾度となく挑戦をしてみても、やっぱり自分の持ち味っていうか、ああいう長所じゃないのね。だからどうしても打てない。ただし練習ではね、高ーーい外野フライを打つ練習はずいぶんしたことがある。

※4 「日本人としては真似できない」というのは、王さんが中国にルーツがある(現在でも国籍は中華民国=台湾である。ただし王さんの家は台湾ではなく浙江省にルーツがある)ことを指していると思うが、長嶋さんは外国人差別的な意識はまったくなく、王さんが中国にルーツがあることにリスペクトを込めて言っているのだろう。「日本人」「中国人」のあいだに、それほど身体的な資質面で、大きな違いがあるわけではないし、長嶋さん自身はそういうニュアンスで言っているわけではないことに、注意が必要だと思う。

一般に、長嶋さん=天才型、王さん=努力型だと思われています。しかし、ここまでの内容を見てわかるのは、長嶋さんのほうがむしろ極めて基本に忠実なバッターであり、王さんのほうがかなり独特で本人にしかできない天才型のバッティングスタイルであったということです。

そしてバッティングにおける基本は、「タイミングを合わせる」「引きつけてライナーでピッチャー返し」であり、それをやることによってフィールドを90度使って広角に打つスプレーヒッティングができるようになる、というのが長嶋さんの言っていることです。

以前、どこかの記事(おそらく週刊ベースボール)で読んだのですが、王さんはインパクトの際は「送り返す」というイメージで打っていたそうです。しかし、どちらかというと動画内で長嶋さんが言っているように「球の中の芯を撃ち抜くつもりで」打つインパクトのほうが「基本に忠実」だと考えるべきだと僕は思います。

ちなみに、「ピッチャー返しばかりしていると打球がセンター前ヒットばかりになり、長打が打てないのでは?」と思われるかもしれないが、それは違います。いくらセンター返しを意識していても、多少は勝手に左右に散らばる。要は「ピッチャー返し」「センター返し」という言葉を使っているのは、ライナー性の強い打球を打てるようになるための「意識づけ」という意味合いが大きいわけです。さらに言えば、もしピッチャー返しを心がけて最初はシングルヒットしか打てなくても、徐々に右中間や左中間に強い打球が飛ばせるようになります。そして、センター方向へのシングルヒットを打っていくと、その延長線上に、やがてホームランが来るのです。

そもそも野球の試合の打席ではいろいろなことが起こるので、フォームのことを細かく考えている暇はありません。「自分の身体を自分の意志のもとに正確に動かす」ということばかり意識していると、肝心の対戦相手の投手に対して向ける意識の割合が下がってしまいます。

試合で打席に立ったら、余計なことを考えず、投手に対して100%で向き合えることがまずは重要です。

「ピッチャーの投げるボールに対してタイミングよくバットをぶつける」「ピッチャーに向けてライナー性の打球を返す」というのが基本中の基本で、タイミングさえ合っていればフォームはそこまで気にしなくてもよいのです

ちなみに、フォームはまったく不要というわけではないと思います。もちろん練習のときに多少は気にする必要がありますし、自分なりのチェックポイントもあるのでそれは後日、改めて整理したいですが……。

しかし、フォームを気にしすぎるとドツボにはまってしまいます。「まずタイミングが重要」という意識でいけば、自ずとよいフォームが導かれる、ぐらいの気持ちが重要なのだと思います。

この考え方だと、実際の試合の打席で考えることが減り、「タイミング」だけに集中できるので、非常にメリットが大きいです。

ということで、まずは基本のキとして「タイミング」が重要。バッティングで迷ったり悩んだりしたときは、このポイントに帰ってくるのがよいと思います。

【お知らせ】
この「にどね研究所」では、カルチャーからライフハックからマクロな社会問題から野球まで、特にコンセプトなくいろんな情報を発信しています。更新情報は、SNSでは告知したりしなかったりするので、よければこのサイトのトップページをブックマークしていただければ幸いです。

本記事の執筆者は中野ケイで、編集者・ライターやその他いろんな仕事をしています。本記事を執筆している2021年4月現在、PLANETSにて、「文化的な視点から野球を捉える」がコンセプトの連載「文化系のための野球入門」を月イチで連載中です。こちらの連載では文化論としての野球、について書いています。

Twitterはこちら。→ @yutorination

たまにこういう記事も書いていきますので、ときどき見に来ていただければ幸いです。

本記事のSpecial Thanks:竹下ジャパン

コメント

タイトルとURLをコピーしました