【悲報】原稿が書けません&最近の話を日記的に書く

原稿が書けない

実はこのサイトってけっこうSEOを意識して書いていたりしていまして、いくつかのキーワードではGoogle検索で1位を取っております。サイト自体をほとんど更新しないわりに月間のPV数はかなりの数字になってて、万単位のPVを持つページもいくつかあったり。

ここから本格的に対策したらもっと数字を伸ばせると思うのですが、「ブログで稼ぐ」みたいな人になりたいわけではないので、時間があるときにやろうかな〜程度に思っています。

でも最近、noteとかでいろんな人が書いているエントリを見ていて思ったのが、自分みたいにWordPressでサイト構築している人のブログの場合、昔のmixi日記的なものだったり、アメブロ的なものだったりはあんまり書かなくなってるな〜と。日記的なものはほとんどnoteのほうに行っているなーと思うわけです。

でもWordPressで作ってて、独自ドメインも取ってる僕のサイトみたいなのでも、日記的なことを気軽に書いてもいいと思うんだよな……。というわけで、今回はただの日記です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「原稿が書けない」という問題に直面している件

「なんか本を書いている」ということは、このブログでも、リアルで会う人にもけっこう漏らしているのですが、企画が通ってからもう2年ぐらい経つんですね。せっかくいい機会をもらったんだからさっさと書けよと自分でも思うわけですが。

ただ、2月に転職した本業のほうが思ったよりも忙しい。というのも、LIGという会社がベーシックに忙しいというわけではなくて、僕がたぶん、自分からしても会社からしてもおそらくそうなのですが、思ったよりも「できることが多い」らしい。基本的にこれまで零細で給料も低いままやってきて、「まあ自分は全然ダメダメだわ」という感じだったのですが、思ってたよりも地力がついていたみたいだなと。

「転職してはじめて自分の市場価値がわかる」という話もありますが、自己評価に比べて、(嫌な言葉ですが)市場価値としてフェアにみたとき、わりと力があるらしい。なるほど。

こちらとしては過去さんざん辛酸を舐めてきたので、「今はちゃんと評価されてて仕事の裁量も大きくて幸せだわ〜」と現状に甘んじるつもりも別にないのですが、少なくともサラリーマンとしてはポジティブな状況であり、ありがたいことだなと思うばかりです。

環境面でいっこだけ言うと、転職してきてよかったと思うのは、「向上心のある同僚に恵まれている」ということです。LIGにいる人たちは、少なくとも「自分の人生の主人公は自分である」という意識を持って生きている人ばかりで。そこでは、突出することだったり、頑張ったりすることだったりが、マイナスにはならないし、無意味に足を引っ張られることも、空気読みを強要されることもない。それだけで十分やっていける気がします。

……それはさておき。

今は、なるべく土日祝は予定を入れないようにし、原稿に向かおうということにしているのですが、これがなかなかガッと身が入らない。平日ほんとに(ついつい)一生懸命やっていると、なかなか切り替えが効かないなと。本業(ライスワークともいう)に真正面から取り組みつつ、執筆活動のようなライフワークを充実させるというのは、なかなか難しいようです。

他の原稿もできていないしインプットもできていない

基本的に書籍の執筆に関しては、メモや過去の関連インタビュー記事などが20万字ほどあって、まずはそれを再構成すればいいのですが、さまざまにインプットしていると新たなアイデアが浮かんできて、それも盛り込みたいとなると、2年前に書いた企画書よりもさらに壮大な構想になってしまっているんですね。うわーこれはやばいなと。

でも、今はやっと頭がすっきりしてきて、「まずはメモの再構成をしよう」というフェーズになってきました。まずドキュメントをテーマごとに5つ用意して、そこに「これはここだな」とメモをコピペして入れ込んでいるわけです。

ただ、これは毎日2時間くらいは少なくともPCに向かう時間をつくらなければいけない。なぜなら、一日飛ばすと、思考が継続しないからです。

本業で8〜12時間ぐらい働いているとすると、プラス2時間として、平日は平均12時間は稼働していないとダメ。まあ当然、毎日それができるわけではないので、休日にまとめてやったり、文献調査に充てていたり、逆に休日に本業が入ってきたりもするのですが……。

結局、平日の稼働は平均12時間、休日も平均4時間ぐらい稼働したい。

そうなると、今の体力では厳しいなと。まあ根性でなんとかするか? と思うのですがなかなかそうも行かなさそうです。

そもそも、書籍用のインプットはしているのですが、他の本業関係や、その他のインプットに使う時間もなかなか取れていないという悲しみがあります。映画とかテレビとかもほとんど見ていない。(野球はちょこちょこ見ていますが、それもある意味では書籍関連なので……)

あと、本業の企画関連で、もっとさっさと連絡すべきところがなかなかできていない。「マストでやらなければいけないこと」に圧迫され、「あったらいい原稿・企画」のほうがなかなか進められていないのもかなしみ。関係各位には本当に申し訳ないです……。

とりあえず筋トレはする

現状の対策としては、

  • 毎日なるべく規則正しい生活をする
  • 休日は極力、予定を入れない
  • 飲み会などがありそうでも、できるかぎり誘われたくないオーラを出す

というようなことを実行しているわけですが……。

そもそも体力が必要で、規則正しい生活をしなければならないということで、最近は「最低週1で筋トレは行く」ということをまず自らに課し、そこはなんとかなってきて、そうなると可処分時間が増える(体力がつくから)ので、ようやく書籍の作業をする時間が取れてきています。本業のほうのプラスアルファ企画も、わずかながらも進められるようになってきました。

クリエイティブをやるために、まずはクリエイティブな生活から、ということなんですかね……。

筋トレを主軸に生活を組み立てると、まず不健康なことは自然としなくなりますし、食生活も、できるだけ必要なものを食べたいということで、ホットクックを使った自動調理なども活用しつつ、平日はお弁当を用意したりもできています。平日に弁当を持っていって職場で食べると、それだけで自己評価が上がるんですよね。弁当の効果は計り知れない。

基本、僕は20代を通じて給料が少ないのに都心に住んでいたせいで節約志向が身に染み付いており、「外食で余計なお金を使っている」ということがけっこうストレスになるのですが、それもなくなって余計なストレスを抱えることもない。

「筋トレですべて解決する」は言い過ぎかもしれないですが、少なくとも筋トレをマストで生活のなかに入れ込むと、比較的生活が効率化するというのは本当かもな〜と思います。

あまりまとまりがないですが、日記なのでこのへんで。

広島の原爆資料館
▲6月に西日本を廻る出張に行ってきて、そのときに初めて広島に立ち寄りました。原爆資料館は改装中だったのですが、とても勉強になりました。1泊しかできなかったので、こんど広島に行く機会があったら2〜3泊はして、宮島や呉、江田島などにも行きたい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする